現代の悪習慣ワースト5|成功したいなら断ち切る




現代の悪習慣ワースト5

こんにちは、ミニマリストひろです。

今回は「現代の悪習慣」がテーマです。

 

人の生き方の価値観はそれぞれで、優劣はありません。

例えば、田舎でスマホも持たずにのんびり暮らすのも素晴らしいでしょう。

ただ、「結果を出したい!凡人で終わるのは絶対に嫌だ!」と思っている人がいたら、自分の毎日の習慣を見直すきっかけになるはずです。

 

「今すぐ辞めるべきダメな習慣ワースト5」の紹介です。

是非参考にしてみてください!

 

 

第5位 運動しないこと

人間の認知機能と健康は、1日だった20分の運動で得られることがわかっているそうです。

【ジューク大学の研究】

運動は抗うつ剤を服用するのと同じくらいの効果があるという結論 

私も昔から筋トレとランニングをずっとやってます。

運動すると、明らかにストレスがなくなって気分が良くなりますし、夜もよく眠れます。

仕事で悩んでいることがあっても、ジムを出るころにはもう気分がスッキリしてるんですよね。

 

ハーバード大学の研究でも、軽いウォーキングは体にめちゃくちゃ良いことが明らかになってます。

少し外を歩く運動で十分だそうです。

 

継続することが重要

運動していない人がいる理由としては、習慣化できないからなんですよね。

ただ、運動が好きとか嫌いとかそういうのではなくて、自らの生産性を高めるために努力して運動を取り入れるべきだと思います。

ぜひ運動しない毎日を終わりにしましょう!

 

 

4位 無駄な飲み会に行く

ここでいう無駄な飲み会とは、ただ楽しいからという理由だけで、何かを祝うわけでもなく飲むことです。

こういうことを言うと、「目的のない飲み会こそ人間関係が作られるんだよ!」って言う人がいますが、はっきり言ってそれは勘違いです。

もしお酒好きな人で気を悪くしたら申し訳ないですが、良質の人間関係を作るのにお酒は必須ではありませんよ。

 

お酒がなくても人間関係は作れる

お酒飲まない人もたくさんいるわけですから、上司が部下を飲みに連れていっても、信頼関係が高まるわけではありません。

バカ話して盛り上がることと、人間関係を作ることは別問題ですよね?

むしろ頻繁に部下を飲み会につれ回す上司ほど、逆に信頼されてない人が多いような印象です。

 

会食には意味がある

よく仕事ができる人が会食によく行っているイメージがあると思います。

でも、それはその人自身やその人がいる会社に力があるからなんです。

会食にはほとんどの場合、将来的な可能性も含めた裏の目的があります。

 

もしあなたに実績、実力があって、相手が何か目的を持って会いに来てくれるなら行っても良いと思います。

そうでなければ、あなたは呑気に飲みに行って、馬鹿話をして愚痴を言って時間を使っている場合じゃありませんよ。

仕事に集中して、自己研鑽して、人が話を聞きたい思えるような結果を出しましょう。

 

人と会うなら日中がおすすめ

夜の3時間はコストが大きすぎます。

世の中の成功者も、仕事に集中しているときは飲み会なんて絶対に行ってないんですよね。

今はまだ実績もない人がどんなに飲み会で盛り上がっても、人生は変わりませんし、いっときの快楽で終わるだけです。

こういう考え方をして人と付き合わないのは孤独です。

そうなんです、突き抜けた存在を目指すというのは孤独になることなんです。

なので、喜んでボッチになりましょう!

 

 

3位 テレビを見ること

もし、今家にテレビがあるなら今すぐ処分してください。

何故なら、テレビは最悪の時間泥棒だからです。

 

テレビって、人生の時間を本当にえぐいほど奪っていきますよね?

自分の人生とは何の関係もないニュースを頭の中に突っ込んできます。

  • 世間で何が起きていたとしてもそれを全部知る必要がありますか?
  • テレビを見まくってきた人たちはすごい存在になってますか?

テレビは明らかに過剰な情報量なんです。

 

世間で何が起きようと、自分は自分のやるべきことをやるしかないんです。

自分の人生に影響するような重大な社会のニュースは、スマホを持っていれば確実にわかります。

  • ドラマ
  • バラエティ
  • 芸能ニュース

突き抜けた存在になろうと思っている時に、上記を見ている時間はありません。

 

私は家にテレビがありませんが、一度も困ったことありませんね。

強いて言えば、流行っている芸能人とかアーティストにすごい疎くなります。

よく人に「知らないの?」って言われますが、そういうのははっきり褒め言葉だと思ってます。

自分は自分の人生に夢中になって、それでいっぱいなんで、他人の人生に夢中になっている時間はありません。

ポイントは、自分から情報を取りに行くこと!

毎日家に帰ってぼーっとテレビをつけて見ているんだったら、本当に時間の無駄です。

 

 

 

2位 本を読まない

皆さんは、週一冊以上本を読んでますか?

読んでなければ、今日から本を読む習慣をつけましょう!

ここで言う本とは、楽しむことを目的とした娯楽小説じゃなくて、ビジネ書とか学ぶための本です。

 

成功している95%は読書家

他の人の知識や経験を、頭に入れる習慣がある人とない人とでは大きく差が開きます。

なぜなら、世界を多面的にとらえられるようになるからです。

一方本を読まない人は、いつも自分の中の常識という偏見を通してしか世界を見れません。

ずーっと同じ思考でぐるぐる回っているだけなんです。

そんな人がチャンスをつかめる訳ないですよね?

 

本は自分の頭を常にアップデートしてくれて、チャンスをつかむ可能性を高めてくれます。

読書習慣がなかなか続かないって人は、毎週誰かと課題図書を決めてを読むことをお勧めします。

 

 

1位 無目的なSNSの投稿・閲覧

SNSは現在社会における合法的な麻薬です。

毎日、家何時間単位でSNSを見ていないと落ち着かなくなっています。

ただ、SNSを眺めていても人生って何にも変わらないんですよね。

  • Facebookで普段会わないような人の結婚式を見る。
  • Twitterで芸能人のニュースに文句を言う。
  • Instagramで友達のストーリーにリアクションする。

上記の行為って、何も生産的なことがないんですよね。

 

投稿はさらに依存度が高い

SNSの投稿って、無意味なのにやたら達成感があるんですよね。

もし、情報収集か明確な目的を持ってSNSを使っているなら良いですが、情報量はかなり絞ってください。

Twitterはどんどんフォローを外してください。

YouTubeも自分の役に立たないと思ったら、チャンネル登録を外してください。

普段SNSを見てくだらないどうでもいいことを投稿したり、コメントしたりしているのであれば、今日からやめましょう。

もし投稿するのであれば、真剣に見ている人にとって役立つ面白い内容を投稿すべきです。

投稿は自由ですが、一つだけ言っておくと自分の人生に熱狂して何か夢中になっている人は、人の人生を眺めている余裕はありません。

 

寝る前のスマホをやめる

繰り返しますが、明確な目的があるなら良いです。

例えば、これは自己研鑽のためと割り切ってみているのであれば良いと思います。

でもほとんどの人は、暇つぶしのためにダラダラとみていますよね?

せめて寝る1時間前は寝つきも悪くなりますし、スマートフォン見るのやめましょう。

 

毎日SNSという麻薬に依存してませんか?

人と違う人生を生きたいなら、人と同じことをやってはNG。

スマホの中の他人の人生を眺めるんじゃなくて、自分の人生を見つめる時間を増やしましょう!

 

 

まとめメモ

いかがでしたが?

  • 第5位は運動しないこと
  • 第4位は無駄な飲み会に行くこと
  • 第3位はテレビを見ること
  • 第2は本を読まないこと
  • 第1位は無目的なSNSの投稿・閲覧

 

「いやそれは違うよ!」っていう意見があるのもわかります。

何を信じるかはあなた次第です。

ただ、その反論が今まで怠けてやってきたことを肯定するためのものだったとしたら、その小さなプライドは本当に人生に必要なのか考えてみてもいいかもしれません。

 

 




【Follow 】この記事が気に入ったらフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA