おしゃれコーデを作る色合いを徹底解説!|メンズファッションの基本




  • 「服ってどんな色を合わせたらいいのかな…?」
  • 「ファッションのおしゃれな色合いがあれば知りたいな…」

 

こういった悩みにお答えします。

 

この記事では「ファッションコーディネートにおける色彩理論」につてい解説いたします。

それでは見て行きましょう!

 

ファッションにおけるカラーを理解しよう!

ファッションにおけるカラーは、大きく2つに分けられます。

  • モノトーン(白黒)
  • カラフルな色

 

モノトーン(白黒)

まずは、モノトーン(白黒)です。

ちなみに、このモノトーン(白黒)ってどんな時に使われるかお分かりですか?

冠婚葬祭とか、パーティーとかに参加する時のことを思い出してみてください。

だいたい黒白ですよね?スーツって黒ですよね!?

もしくはダークネイビーであったり、ほぼ黒に近いようなものもあったりします。

基本的にスーツのようなドレスアイテムというのは、「清楚であればあるほど黒か白」なんです。

つまり、ドレススタイルは大人っぽさを表してるんですね。

「黒白を使ったコーディネート」→「大人っぽく見える効果」

 

カラフルな色

次に、カラフルな色です。

モノトーンとは真逆で、カジュアルな着こなしで好まれるカラーです。

例えば、コンビニにとかに居る兄ちゃんの「街着のスタイル」を思い出してみてください。

「パーカーだったりとか、デニムとか Tシャツだったりですよね?」

Tシャツはプリントでガンガン色使ってるし、デニムはブルーだし、基本パーカーも何かのグラフィックが入ってことが結構多いです。

ドレスと比べて色使いが激しいものが多く、カラフルな色を使えば使うほどカジュアルに寄っていきます。

「カラフルなコーディネート」→「子供っぽく見える効果」

 

具体例1

例えば、こういう「カラフル」な色使いだと、若干子どもっぽく見えますよね?

もちろん、デザインで大人ぽく見せることもできますが、カジュアル感が出過ぎています。

 

具体例2

ドレスな印象で大人っぽくなりましたね。

分かっていただけたと思いますが、「モノトーン」と「カラーフル」の違いは…

  • 「カラフル」=子供っぽい!
  • 「モノトーン」=大人っぽい!

こういった感じで、なんとなく理解できたらオッケーです。

 

それぞれのメリット・デメリットを理解しよう!

先のドレスとカジュアルのバランスの話で、日本人は見た目が幼いので、「ちょっとドレス寄りにしましょう!」という記事を書きました。

【関連記事】メンズファッションの基本|初心者が最速でオシャレになる方法

 

  • あーそうか!」
  • 「じゃあ大人っぽくするんだから、カラフルじゃなくてモノトーンで統一すればいいのかな?」
  • 「黒白を使えばいいのかな…?

って簡単に思ってしまいがちですが、実は違うんですね!

「モノトーン」と「カラフル」っていうのは、実はメリットデメリットが存在するんです。

 

モノトーンのメリット・デメリット

  • 「メリット」は大人っぽい印象になること!
  • 「デメリット」は、地味に見えてしまうところ!

 

カラフルな色のメリット・デメリット

  • 「デメリット」は、子どもっぽく見えてしまうこと!
  • 「メリット」は、装飾っぽく見える、派手に見えること!

 

おしゃれな色のポイントとは!

【結論】

メンズファッションの基本は「モノトーン+一色」がベストです!

 

ファッションは「シーソーゲーム」に例えられます。

例えば、モノトーンは地味なので、カジュアルな服を着れば地味な感じは消すことができます。

ところが、地味な印象を消そうとすると、今度は子供っぽくなってしまう。

大人っぽくしたいな!じゃあ今度はモノトーンを多めにしてみよう!」ってなると、今度は地味になっちゃうんですね。(汗)

 

地味でも派手でもないラインを目指す!

例えば下記のとおり。

メンズファッションコーディネートって、ちょっと難しいなぁって思うかもしれません。

ただ、この「シーソーゲーム」に慣れてくると、本当に楽しいんですよね!

  • 「モノトーンとカラフル、これをどういうふうにバランスを取ればいいんだろう?」
  • 「全部モノトーンだとちょっと地味だしな、カラフルにすると子供っぽいしなぁー」

みたいなことを考えながら、ファッションコーディネートをしてきます。

 

正直めんどくさいと思うかもですが、このヒントがあるだけでコーディネートが劇的に変わりますから、ぜひ確かめてみてください!

シーソーゲームの意識があるだけで、トライ&エラーするヒントに!

ファッションって基本ノーヒントなんです。

なので、こうやって言葉で体系化した方が分かりやすいはずです!

ただ、誰もこういったことは教えてくれないんですよね。

 

まとめメモ:色彩理論をマスターすればオシャレに!

繰り返しになりますが、初心者が意識することとしては、「モノトーン+一色」と覚えてください。

はっきりいって、これだけで十分です。

ロングコートに細身のパンツ、革靴などで、カッチリ決めた時に、中のインナーだったりとか、小物だったりとかで、色を差し込んであげると、ちょうどいい感じになります。


このようなコーデが一番かんたんです!

 

ここでカラフルな色を入れてあげると大人っぽいですが、決して地味にはなりません。


※こんな感じでもOKです。

ボディバッグ」が最近流行ってます。

コートのスタイルの中に、一点だけカラフルなものを入れてあげるとオシャレです。

 

ただ1ついえるのは、「色を使いすぎない」ということ!

色を使いすぎると子供っぽくなるので、使いすぎないようにしましょう!

今回は以上です。ご覧いただきありがとうございました!

 

【詳しく色彩理論を学びたい方は、MBさんの書籍を参考にどうぞ】

 

【Follow 】この記事が気に入ったらフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA