ふるさと納税の仕組み|限度額・確定申告の解説




ふるさと納税に申し込もう!

こんにちは!

ミニマリストひろです!

 

「ふるさと納税」自分には関係のないものだと思って過ごしておりました。

しかし、よくよく自分でも調べてみると「えっ!これはすごい制度では!」

 

結論

約20,000円をタダでゲットしました!
 

「なにそれ?」状態の方は、参考になれば嬉しいです。

 

 

知っていれば得する制度!

ふるさと納税は10人に1人しか利用していない制度だそうです。

結論としては、絶対やるべきです!

 

 

ふるさと納税を利用すると

自己負担額の2000円を除いた分が所得から控除され、「所得税、住民税の負担が軽くなります。」

といわれても正直、言葉では分かりにくいですよね?

以下で詳しく説明していきます。

 

 

ふるさと納税のイメージ

 
 
  1. 寄付できる市町村を調べる
  2. 市町村に寄付する
  3. お礼に地域の品が送られてくる
  4. 確定申告し減税の還付を受ける

 

 

※寄付金の限度額について

ちなみに、「自分はどれだけの金額を市町村に寄付できるの?」と思った方、安心して下さい。

公式サイトでシミュレーションできますよ⬇︎

 

公式サイトで、金額を入力するだけです。

所要時間10秒です!

https://www.satofull.jp/static/calculation01.php

 

【例】 年収500万円で5〜6万円の負担(独身の場合)

【「5万円」ふるさと納税した場合】

「4万8千円」は寄付金控除(そのまま翌年の税金が安くなる)になり、「2千円」は控除にならない自己負担ってことですね!

 

言い換えれば……

その4万8千円は、ふるさと納税しなくても、来年にどうせ払わなくちゃいけない税金」の対象になるということ。

それならば、自治体に寄付して自己負担の2000円」をプラスするだけで、豪華な返礼品をもらってしまいましょう!というとですね。

利用すれば、確実にお得なんです!

 

寄付の返礼品は自治体によって異なりますが、米や肉などの食料を選んで生活費の助けとしたり、旅行券や食事券などで、レジャー費用を節約したりと、使い方次第でお得感を得られます。

 

 

ふるさと納税はどこで利用するの?

ふるさと納税は基本的に「Webサイトを経由」して利用します。

最近はどんどんサイトが増えていているようですが、今のところ大手は以下の4サイト。

 

自治体によっては、還元率の高い返礼品を用意しているところも結構ありますよ!

 

新潟県村上市の「山形牛すき焼き」

還元率136%!!凄すぎます。

 

なんと支払いは「クレジットカード」対応!

ポイントもたまって更にお得ですね。

 

返礼品は、遅くても2ヶ月ほどで届くようです。

早ければ、1週間から2週間くらいで届きます。まぁ気長に待ちましょう!

 

 

実際に寄付をしてみる!

ちなみに私は「ふるなび」で購入してみました。

 

サイトを見れば見るほど寄付先に迷ってしまったので、最終的には保存可能な「amazonギフト券」にしました笑

というよりamazonギフト券があることに衝撃です!

 

ギフト券はプレゼントとしても喜ばれますし、頂けたら嬉しですよね⬇︎

 

 

5万円寄付して2万円の返礼

還元率なんと40%です!

自己負担2000円ですので、18000円が丸々無料でもらえたようなものです。

なんという素晴らしい制度なのでしょう!

 

 

「確定申告」が面倒な人は

ふるさと納税の確定申告が、不要になる制度がありました。

その名も「ワンストップ特例制度」

やり方を調べてみると、、、

寄付を行うフォーム内で「ワンストップ特例制度を利用する」にチェックを入れるだけ!

なんと簡単なのでしょう。やらない理由はないですね!

 

あとは申請書が送られてくるので、必要事項を記載し、寄付を行った自治体に郵送するだけのかんたん作業!

 

もう少し調べれば、更にお得な情報もあるかもしれませんが、私はこの辺が限界ですww

 

※登録は【さとふる】が一番かんたんで最速ですね!

初心者の方は、下記のサイトから登録してみてください⬇︎

以上「ふるさと納税」のレビューでした。

 

【Follow 】この記事が気に入ったらフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA