生活コストを上げない方法|貯蓄が爆増する仕組み




生活コストを上げない方法|貯蓄が爆増する仕組み

こんにちはミニマリストひろです。

今回は、「生活コストを上げない方法」について解説します。

 

収入が増えるに伴って、生活のグレードも上げてしまう人って結構多いんですよね。

沢山のお金を使うことによって、使った分以上のお金を稼ぐというモチベーションはあっていいと思います。

ただ、やっぱり収入というのは、ある程度不安定なものです。

特にどん底な時期は、生活コストがめちゃくちゃ重くのしかかってくると思うので、なるべく生活コストを上げずにお金を稼ぐべきではないでしょうかね?

 

 

1 狭い家に引っ越す

基本お金を稼げるようになると、皆いい所に住もうとしてしまうんですよね。

  • 年収が3倍になった→タワーマンションに引っ越してラグジュアリーな生活を始める

別に家賃が高いっていうのはそれ自体悪くはないんですが、高いとしても出来れば広すぎない部屋を借りるべきです。

なぜなら、狭い部屋に住むとモノを買うという欲求が減退するから。

 

「なぜ人はモノを買うか?」というと、そのモノを買えるだけのスペースが家にあるからなんです。

モノを増やしたくなければ、家は狭いところに引っ越しましょう。

 

収納も無くしてしまうのがいいですよ!

収納ある部屋を皆求めがちですが、僕からすればお金払ってでも収納がない部屋に住みたいです。

やたらデカい部屋なのにクロゼットとかホントいらないですし、突っ張り棒にコートとか服をかけるだけで十分です。

そのくらい徹底的に収納を減らしたほうが、モノを買わなくて済むんです。

 

  • モノが置けない→モノを買わない

モノを持てない環境を作るということが一番重要なんですよね。

つまり、ミニマリストになりましょう!ということです。

 

僕もミニマリスト

私が普段着てる服は、GUとユニクロが多いです。

そして過去1年間の中で使わなかった服(モノ)は、おそらく今後も使う可能性は低いだろうということで、どんだけ愛着があるものだったりとか、人からのもらい物でも、1年経って使ってなかったら捨ててしまいます。

それを積み重ねていくと、勝手にモノが減っていきます。

所有物はダンボール数箱に収まるぐらいしかないので、引っ越しも楽ちんでした。

それぐらいモノを絞っています。

「モノを増やす→気持ち悪い」という状態になると、新しいものを買おうというモチベーションが本当になくなっていきます。

 

ファーストステップとして

  1. 狭くて収納ない部屋に引っ越す。
  2. 使用実績ベースでどんどんものを捨てていく。

ということをやれば、本当にそれだけでお金を使わない生活が出来上がります。

 

だから、その家賃を削るとか交際費を削るとかモノを我慢するとかそういうことではなくて、それ以上に自分がモノを買わなくて済むような環境を作ることにお金を投資した方がいいですね。(これが一番重要)

 

ミニマリストの部屋の特徴とは|時代は小さな家・部屋

 

 

 

2 会社の近くに住む

「会社の近くに住む」というのが2つ目のお金を使わないポイントです。

会社の近くに住むと「通勤時間」というのが、全部まるごとカットできる訳なんですよね。

普段皆さん、東京に住んでいる方とかだったら、通勤に長い人だったら1時間ぐらいかけてる人いますよね?

やっぱりそれって、時間の無駄じゃないですか?

家賃とか節約するために会社から遠い場所に住むのは分かるんですが、満員電車に揺られて来るとか効率的ではないです。

 

都心に住めば、自分の時間を節約できる

通勤の時間を節約できれば、副業やってる個人だったりとかであれば稼ぐことができます。

なので、なおさら都心で通勤に時間がかからない場所に住んだ方が断然いいです。

会社の近くに引っ越すと、確かに生活コストが多少上がってしまいます。

ただ、長期的に見た時には全体的なキャッシュフローというのはよくなるので、やっぱり職場の近くに住むというのはメリットが多いですね。

 

職場近くに引っ越そう!|通勤時間を見直す

 

 

 

3 地方に住む

都会に住んでいると、圧倒的に飲み会の回数が多いです。

物理的に時間が空いたら飲んでしまうんですよね。

これは本当にお酒好きな人なら、誘いに全然乗ってしまうわけです。

 

ただ、やっぱり飲み会とかはほんとに無駄なので、どんどんカットしていった方がいいです。

飲んだりとか、お金を使った遊びが好きな方であれば、別の喜びを見い出した方がいいと思いますけどね?

お金を持ち始めると、皆そういう遊びに手を出してしまいがちですけど、手を出してしまう前に田舎に引っ越すのは有効な手段だと思います。

ただ、田舎でも働けるというようなワークスタイルを確立しないと難しいですけどね。

「リモートワークでも十分稼いでいける!」っていうような、そういった状況が作れれば最強です。

 

 

 

4 固定費を削る

特にいらないと思っている典型が車ですね。

完全に金持ちの道楽じゃないですか?

田舎に住んでる人以外は、絶対車っていらないと思うんですけどね。

 

というか、学生だったら免許を取りに行くべきではありません。

免許の更新とかも面倒だし、必要なら周りの人たちを足に変わりに使えば問題なしです。

都会であれば、本当に移動はタクシーで全然いいんですよね。

その方が安いですよね!どう考えてもいいですよね!

 

お金を削り取る部分

  1. 見栄の部分でお金を使っているところ。
  2. 投資に全くならないようなところ。

そういった部分のお金は、削り取っていき、そして削り取っていくことに喜びを見出せる自分になっていくのがお金を使わないコツです。

こういうことを習慣的にやってると、それ自体がなんか喜びみたいな感じになってくるんですよ。

無の境地みたいところに自分をもっていくと、お金なんて使わなくてもよくなります。

 

 

5 結婚しない

結婚してる人に聞くと、奥さんが結構お金を使っているんですよね。

女性の買い物の量は、男性の99倍くらいあります。

突然高価な洋服をを買ってきたり、習い事をしたいから○万年用意してと言われたり、必要のないグレードが高いものを買ってきたりします。

そんなにお金をかけなくていいと思うんですが、やっぱり女性には通用しなかったりするんですよね。

 

なので、生活を完全に自分でコントロールしていきたいのであれば、結婚しない方がいいと思います。

そういうところにお金を使ってでも家族と一緒にいたいとか、家族を養うことで自分を鼓舞するみたいなそういうモチベーションになれる方は結婚したらいいと思うんですけど、そうでない方はぜひ独身を貫いていただいた方が経済的です。

 

 

まとめメモ

言いたいことは、本当に「シンプルイズベスト」という事なんですよね。

モノを持たない生活、そしてお金を使わない生活っていうのを心がけていきましょう!

結局お金を稼ぎ始めると、いろんなものに使ってみたいという欲求が沸いてくるんですよ。

 

これまで手に入らなかったものが、手に入るようになるわけじゃないですか?

そうすると、どんどん自分の欲求点が駆り立てられてしまったりとかする人もいるんですけども、そういうところにお金を使っても飽きます。

お金を使って満足できるっていうのは「今だけなんですよ!」

お金を使うのであれば、それが投資的な価値があるものに使ってください。

  • 自分の人生を豊かにしたり
  • 自分のスキルを伸ばしたり
  • 誰かを幸せにしたり

そういったものにお金は使いましょう!ということですね。

 

 




【Follow 】この記事が気に入ったらフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA