世界一わかりやすいGoogle Analytics(アナリティクス)の使い方




世界一わかりやすいGoogle Analytics(アナリティクス)の使い方

こんにちは!

ミニマリストひろです!

 

「Google Analytics(アナリティクス)を導入したけど使い方がわからない…」

といった方にGoogle Analytics(アナリティクス)の基本的な使い方を解説します。

 

 

まだブログを立ち上げていない方は「世界一わかりやすいWordPressの始め方」を是非ご覧ください!

世界一わかりやすいWordPressの始め方|初心者へ図解で解説

 

 

Googleアナリティクスの基本的な使い方

「Googleアナリティクス」の基本的な使い方を紹介します。

  1. 「リアルタイム」は「読まれている記事」をチェックする
  2. 「ユーザーサマリー」は「直帰率」と「平均セッション滞在時間」をチェックする
  3. 「ランディングページ」は最も読まれている記事をチェックする

この3つさえ押さえておけば、ブログ初心者は十分です。

 

1.「リアルタイム」は「見られているコンテンツ」をチェック

「リアルタイム」は、今まさにブログを読んでいるユーザーの情報です。

例えば「今ブログに◯人が見に来ている!」といった情報ですね。

 

画面側にある「リアルタイム」のタブを開いて、「コンテンツ」の項目をクリック。

この画面では、読まれているブログ記事の「タイトル」をチェックしましょう!

 

上位表示されている記事がある場合は、この画面で「定期的に読まれている」ことをチェックできます。

つまり、この画面で知るべきことは「いつも読まれている記事はどの記事か?」といった情報です。

読まれている記事がわかるメリット
  • その記事の内容を充実させることができる。
  • その記事の内部リンクに収益目的の記事を貼り付けできる。
  • その記事のブログのアクセス数向上・収益アップが見込める。

 

 

2.「ユーザーサマリー」は「直帰率」と「平均セッション滞在時間」をチェック

多くの人が「PV数」を見ているのが現状です。

「ユーザーサマリー」では「PV数」よりも「直帰率」と「平均セッション滞在時間」をチェックが大切です。

 

画面左側の「オーディエンス」のタブを開いて、「概要」をクリック。

画面右上の日付のところをクリックして、見たい日付のデータを自由にカスタマイズ

 

  1. 直帰率→ブログを訪れた読者が、他の記事を読まずにブログを離れてしまった確率
  2. 平均セッション滞在時間→読者がブログを読んでいる平均時間

 

つまり、直帰率は「低ければ良く」、平均セッション滞在時間は「長ければ良い」ということです!

「ユーザーに価値のある情報を提供する」ブログの基準
  • 「直帰率が60%」
  • 「平均セッション滞在時間が2,000文字で3分」

 

 

3.「ランディングページ」は最も読まれている記事をチェック

「ランディングページ」を開くと、最も読まれている記事から順にPV数や直帰率、そして平均セッション滞在時間を知ることができます。(人気記事をカンタンにチェック)

 

画面左側の「行動」のタブを開いて、「ランディングページ」をクリック。

最も読まれているブログ記事から順に、デフォルトでは「直近7日間」のデータをチェック。

 

ランディングページでチェックするべき項目は、先ほど「ユーザーサマリー」と同じです。

各記事の「直帰率」「ページ/セッション」「平均セッション滞在時間」をチェックしましょう!

 

新規記事の量産も大切ですが、重要なのは「読まれている記事を適切にリライトして、ユーザーに価値ある情報を提供する」ことです。

 

下記のデータをリライトに活用していきましょう。

  • 直帰率:90%以上は、記事の内容を充実させる。
  • ページ/セッション:「1.0」に近いものほど、関連する記事の内部リンクを仕込む
  • 平均セッション滞在時間:2分を下回るものは「読みやすい記事」を意識してリライト

 

こういった記事のデータを見つつ、適切なリライトを行うとアクセス数や収益アップが見込めるはず!

 

 

記事タイトルも一緒に表示する方法

「セカンダリ ディメンション」という項目をクリックして「タイトル」と入力。

入力後「ページタイトル」という項目をクリック。

 

ブログ記事のURLだけではなく、記事タイトルも表示されるので見やすくなります。

 

 

Googleアナリティクスで、アクセス&収益アップを目指す

  1. 「リアルタイム」は「読まれている記事」をチェック。
  2. 「ユーザーサマリー」は「直帰率」と「平均セッション滞在時間」をチェック。
  3. 「ランディングページ」は最も読まれている記事をチェック。

 

定期的に上記をチェックして、記事のリライトをしていきましょう!

 

また、Googleアナリティクスと並んで役立つ無料ツールに「Google Search Console(サーチコンソール)」があります。

Google Search Consoleは「自分のブログがGoogleの検索結果にどのように反映されているのか?」を知ることができるツールです。

 

この機会に、「Google Search Console」の設定と基本的な使い方はマスターしておきましょう!

【Google Search Console の設定】

世界一わかりやすいGoogleグーグルサーチ コンソール設定|図解で解説

 

【Google Search Console の基本的な使い方】

世界一わかりやすいGoogle Search Console(サーチコンソール)の使い方

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA