大学は行くべきか?|大学に行く意味がない思っている方へ




  • 「大学って行く意味なさそうだけど…」
  • 「一応大学には行っておくべきなのかな…?」

こんな疑問にお答えします。

 

近年は、大学に意味を見出せない人が増えてきている傾向にあります。

ただそこは偏見を持たず冷静になって、「大学に行くべきか?」という問いについて考察したいと思います。

  1. 大学に行くべき人。
  2. 大学の問題点。
  3. 大学に行かずに何をすればいいのか?

それでは見ていきましょう!

 

1 大学に行くべき人

下記のどれかに当てはまれば、大学へは行くべきです。

  1. 学歴という権威を活用していきたい場合。
  2. やりたい仕事に大卒が必須な場合。
  3. 勉強、研究がしたい場合。

 

① 学歴という権威を活用したい場合

断言しますが、現在も学歴社会なのは間違いありません。

履歴書に「東大卒」って書いてあれば、もうそれだけで頭良く見えますよね?

会社側も採用の際に、学歴というラベルはどうしても見てしまうはず!

 

【学歴が高い人の傾向】

  1. 性格がよい。
  2. 努力ができる。
  3. 頭の回転が速い。

 

厳しいゼロサムの受験という競争を勝ち抜いた人達なので、いい意味で自分に自信がある人が多いです。

学歴が高い人のほうが、人に判断される場面では有利に働くことが多いよ!

 

ただ、大卒ならなんでもいい訳ではなくて、学歴の権威が働くのは「難関大以上」です!

単純に希少性として、最低でも「早稲田・慶応」以上じゃないと、権威の力は働かないんじゃないかなと…

正直それ以下だと、「あーそうなんだ…」くらいの感想しか持たれないはずです。

 

② やりたい仕事に大卒が必須な場合

例えば「医者になりたい!弁護士になりたい!」みたいな目指す目標が明確で、そこに大卒が必須なのであれば大学に行くしかありません。

あとは、「将来エンジニアとして海外で働きたい!」とかであれば、日本でも情報科の大学を出ておいた方が良いでしょう。

でも一つだけ考えてほしいのは、その職業に就かずとも世の中に貢献する方法はあります。

 

例えば、医者になったとして直接患者と関わらなくても、優秀なエンジニアや営業マンになって医療ベンチャーで働くというような道もありますね。

もちろん医者になればいいけど…
医学部に入るのは、倍率の意味でもハード過ぎないですかね?

これからは、これまで人にしかできなかったような仕事が、どんどんソフトウェアに代替されていきます。

そういった意味では、資格とか職業とかにこだわりすぎるとシンドイですよね。

 

③ 勉強・研究がしたい場合

実のところ、大学の研究というのは、世の中の発展に確実に貢献しています。

人間の叡智を押し広げることに関心があって、研究をしたい人には大学はいい環境だと思います。

  • 大学でしか学ぶことができないものがある人。
  • 大学で知識や経験を得ること自体が人生の価値だと感じている人。

上記のような人にとっては、大学に行く意味は大いにあると思います。

 

2 大学教育の問題点

大学教育の問題点は大きく2つあります。

  1. 実社会で役に立たない!
  2. アウトプットが少なすぎる!

 

① 実社会で役に立たない!

前提として、大学で必ずしも実社会で使える技術を学ぶ必要はありません。

理由としては、テクノロジーで社会がどんどん変化しているのに、今学んでもあまりにも実社会とかけ離れすぎているからです。

 

そうなると一番の問題は、「大学生が授業に興味を持てなくなる」んですよね。

何のために学んでいるかわからないし、「そこを努力して授業を聞け!」というのは間違いなんです。

なぜなら、教育で一番大事なのは面白さを伝えることだから!

 

例えば、池上彰さんの話とかってめちゃくちゃ面白いですよね?

実社会と絡めて、それがどう繋がっているのかを分かりやすく話してくれるからです。

興味を持たせることが下手すぎる先生や教授が多すぎます。

 

それに、あまり法則とか知識とかを頭に詰め込んでも意味ないです。

何故なら、今の時代はググればわかるから!

変化の速いテクノロジーの時代においては、新しい世の中の高速やルールを知ることよりも、ルールを作れる人の方が価値があると思いませんか?

大半の人にとっては、教養的な学びは高校生まででいいと思います。

 

②  アウトプットが少なすぎる!

先生が黒板とかホワイトボードに書いて行う講義って、いつまでやってるんですかね?

何かインプットさせるだけだったら動画で十分だし、人間がわざわざやる必要ありません。

でも、いまだに人前で話すことが価値だと思っている先生がたくさんいます。

実はあの講義のやり方って、明治時代から進化してないんです。

 

インターネットがなく情報格差があった時代は、人がわかりやすく説明することに価値がありました。

でも今は、無料もしくは僅かなお金で良質なインプットを得られますよね?

  1. 「YouTube」
  2. 「スタディーサプリ」

 

人が話すだけの一方通行の講義は、今後禁止すべきです。

理由は、勉強ではどんなに人の話を聞いても、身につかないからです。

自分で手を動かしたり、話したりしてアウトプットが重要なんです。

 

今挙げた2つの問題点の結果、4年制大学に通っても大半の人は4年間遊んでばかりですよね?

高い学費っを払って、本当に狂気の沙汰だと思います。

でもその問題は、大学生の努力不足というのはもちろんあるんですけど、大学の構造にも問題があると思ってます。

 

3 大学に行かずに何をすればいいか?

  1. プログラミングかデザインの知識を身につける。
  2. テクノロジーの業界で働く。

10代後半から20代前半でプログラミングもしくはデザインをやってきた人は、例外なく今はどの企業からも貴重な人材になってます。

プログラミングとデザインをやってみてどうしても合わないなと思ったら、せめてテクノロジー系の会社で働くことをお勧めします。

まずは小さなスタートアップから始めて、アルバイトでもなんでもいいと思います。

その中で誰よりも働いて実績を挙げれば、それが名刺代わりになります。

 

まとめメモ

以上、「大学には行くべきか?」について解説いたしました。

ちなみに、私は落ちこぼれでしたけど一応大学は卒業しました。

ただ、学歴が役に立ったこと一回もないんで、まあ別にどっちでもよかったかなと思っています。

 

結局、何が正解なのかは分かりません。

自分の頭で考えて、自分の責任で決断していくことが大事だと思います。

自分の人生は自分のものですから、この記事がその判断材料に少しでもなったら嬉しいです。

ご覧いただき有難うございました!

【Follow 】この記事が気に入ったらフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA