Kindle PaperWhiteを使ってみた感想|万人向けではない!




  • 「電子書籍って苦手なんだけど…」
  • 「kindle PaperWhiteを試しに買ってみようかな…」
  • 「kindle PaperWhiteを使っている人の感想が聞きたいな…」

こういった悩みにお答えいたします。

 

この記事では、本記事では「Kindle Paper Whiteを使ってみた感想やそのメリット・デメリット」について解説いたします。

それでは見ていきましょう!

 

Kindle Paper Whiteとは?

Kindle Paper White

Amazonで購入した本を読むためだけの端末です。

読書のためだけに作られているので、ムダな機能が一切ありません。

そのため、タブレットの形をしていますが、圧倒的に読書に集中ができるんです

Amazon上で、Kindle版の書籍を購入することで読むことが可能に!

重さも薄さもスマホと同じくらいだよ!

 

kindleにはいくつかの種類がある!

  1. 通常の「Kindle」が最安値モデル。(¥8,980)
  2. その上位版が「Kindle PaperWhite」(¥13,980)
  3. さらにその上位版が「Kindle Oasis」(¥29,980)

 

「Kindle PaperWhite」は普通のKindleより5000円前後高くなりますが、コスパのバランスが良いのは「Kindle PaperWhite」です。

Oasisはこれにプラスして、『明るさを自動で調整する機能』や『ページめくりボタン』などがつきます。

正直それほどの機能は、必要ないかと思います。

「Kindle Paper White」一覧はこちら

 

「Kindle Paper White」のスペック

まずは、私が購入した「Kindle PaperWhite」の端末のスペックを紹介します。

【サイズ】:167 mm x 116 mm x 8.18 mm

  1. 一般的な紙の本より軽い!
  2. 片手でも疲れにくい!
  3. 好きな本を何冊も持ち運べる!

片手で読めるので、電車通勤・電車通学中の読書にはぴったりですね!

また、kindleならスマートに何冊もの本を持ち運べるので、引っ越しの際も一発解決です。

 

【解像度】:300ppi

300ppiの高解像度のディスプレイは、シャープで美しい文字が表示されます。

本物の紙のような読み心地だよ!

 

【モデル】:Wi-Fiモデル

通信環境に関しては、下記の2パターンです。

  1. 「Wi-Fiモデル」
  2. 「Wi-Fi+4Gモデル」(無料で4G回線が利用できる)

家でも外出先でも「ポケットWi-fi」を使っているので、無難にWi-Fiモデルを購入しました。

「Wi-Fi+4Gモデル」は+5,000円程度かかります。

WiMAXを契約している方は、「Wi-Fiモデル」で十分でしょう!

  • 自宅にWi-Fiがある→Wi-Fiのみ
  • 自宅にWi-Fiがない→4G+Wi-Fi

 

【容量】:8GB

容量は下記の2パターンです。

  • 「8GB」13,980円(税込)
  • 「32GB」15,980円(税込)
「32GB」で最大で漫画約700冊、小説約8000冊を持ち歩けるよ!

 

私は、これほど持ち歩かないため「8GB」を選定しました。

  • 漫画は読まない人→8GB→150冊
  • 漫画も読む人→32GB→700冊

容量はあくまでダウンロードできる容量なので、容量以上の書籍を買っていたとしてもすべて読むことができます。

もし、容量が不足したら本体から消せばOK!

Amazonの購入履歴に残ってるので、また読みたい場合はダウンロードすれば問題なしです。

 

【広告タイプ】:広告なしモデル

単純に「広告が表示されるか?されないか?」の違いです。

読書に集中したいのであれば、「広告なし」モデルを選びましょう!

なぜなら、広告を後から消すことはできないから。

「広告なし」モデルの方が、若干値段が高い(2000円)ですが、Kindleと長い付き合いを考えれば、広告なしを選ぶのがベストです。

 

【防水機能】:あり

  • Kindle Paperwhite(第10世代)
  • Kindle Oasis(第10世代)
  • Kindle Oasis(第9世代)

上記は、防水構造になってるので、お風呂でもプールサイドでも好きな場所で読書を楽しめます。

お風呂で読書をする人にとっては最高ですね!

真水で水深2メートル、最大60分の耐久性

 

【本体価格】

  • 「Kindle PaperWhite」「8GB」13980円(税込)
  • 「Kindle PaperWhite」「32GB」15980円(税込)

 

「Kindle Paper White」のメリット5つ!

  • メリット1:目が疲れにくい!
  • メリット2:1回の充電で、1週間は利用できる!
  • メリット3:いつでも書籍をダウンロードできる!
  • メリット4:フォントや文字の大きさを変更できる!
  • メリット5:ブックマークやアンダーラインをつけることができる!

 

メリット1:目が疲れにくい!

「Kindle PaperWhite」の一番の魅力は何と言っても目が疲れないという事でしょう!

「電子ペーパー」を採用しているので、実際の紙に書かれた文字のように読めて、目が疲れにくいんです。

実際のインクを使用しているため、紙の本と同じようにくっきりとした美しい文字が表示されています。

また直接目を照らさない「フロントライト方式」で、目に優しいのも特徴。

  • 「スマートフォンのバックライト」→目に向けて光を当てる!
  • 「Kindle PaperWhiteのバックライト」→ディスプレイの表面を照らす!

また、明るさ調節により、屋外でも室内でも、昼も夜も、快適に読書ができます。

「液晶」「有機EL」のようにブルーライトが出ているわけではありません。

 

メリット2:1回の充電で、1週間は利用できる!

長時間バッテリー」搭載のため、スマホと違って電池が長持ちします。

私は毎日1時間程度使用していましたが、1週間くらいは充電が持ちました。

  • スマートフォンやタブレット→消費電力が多い!
  • 「Kindle PaperWhite」→消費電力が格段に少ない!
長時間読書をする方でも、毎日充電する必要がないのは嬉しいね!

 

メリット3:いつでも書籍をダウンロードできる!

「Kindle Paper White」はモデルに関わらず全てインターネットに接続できます。

そのため、インターネット環境があれば「いつでもどこでも書籍のダウンロードが可能」です。

【書籍数は700万冊】

品揃えも豊富で、Kindleストアでは最新のベストセラーやコミックなど、700万冊以上が揃っています。

欲しいと思ったら、家を一歩も出ずに1分後には読書開始できます。

最近売れているベストセラー本も「Kindle Paper White」で確認することができるよ!

 

メリット4:フォントや文字の大きさを変更できる!

フォントや文字の大きさを変更できるのも、電子書籍ならではのメリットです。

お好みに合わせて、「8種類の文字サイズ」から、読みやすいサイズを自由に調節できます!

「ちょっと文字が小さくて見えない…」と思ったら文字を大きくしましょう!

 

メリット5:ブックマークやアンダーラインが可能!

「Kindle Paper White」には便利な機能が満載です。

  • ブックマークを付ける!
  • アンダーララインを引く!

ブックマークの機能】

いくつでも挟めることができて、挟んだ場所にジャンプ出来るという便利な機能です。

アンダーライン機能】

文字をマーカーで塗るような機能で、「ここのフレーズ超気になる!」とか「大事なところ!」といった時に使うと便利です。

紙の本に書きこみたくない人にはピッタリな機能だね。

 

また、わからない単語を辞書やWikipediaで検索する事ができます。(インターネット環境が必須)

気になった単語はスマホでググったりしますが、Kindleなら1台ですべて解決できてしまいます。

言葉の意味や詳細などを、ページから離れることなく調べられるのは便利ですね!

 

デメリットもある!

雑誌には向いてない

小説・ビジネス書・雑誌といろいろ読んでみました。

正直いって雑誌は「Kindle Paper White」には向かないということがわかりました。

  • 白黒なので情報が伝わりにくい!
  • 「Kindle Paper White」だとサイズが小さくて見にくい!
kindleで読書するときは、小説やビジネス書といった書籍の方がおすすめだよ!

 

まとめメモ

以上、「Kindle Paper Whiteを使ってみた感想やそのメリット・デメリット」について解説いたしました。

総合的にレビューすると、kindleで本を読むのが今まで以上に楽しくなるのは間違いありません。

ただ、購入するかどうかは人それぞれだと思いますね。

 

「Kindle Paper White」をお得に買うには?

Amazonのセールのタイミングを狙いましょう!

  • 7月の「プライムデー」
  • 12月の「サイバーマンデー」

上記の時期は、各種kindleが普段よりお得に購入できます。

ただ、「もう待てない…!」という人は、今すぐ買っちゃってもいい価格だと思います。

「Kindle Paper White」一覧はこちら 

 セールを待っている間にもたくさんの本を楽しめますからね!

 

買った方がいいのはカバーと保護フィルム

そのままだと滑りやすいので、落としたときのことを考えておきましょう!

高級感があり、なおかつカバーを開閉したときのオートスリープなどの機能も十分です。

充電器は必要なし!

充電器は、スマホのアダプタをもってない人だけ買いましょう!

kindle本体についてくるケーブルと、スマホのアダプタで充電きるので、充電器は必要ありません。

 

「どうしても紙の本がいい!」って方は無理に「Kindle Paper White」はおすすめしませが「持ち物を減らして読書がしたい!」って方であれば、Kindle Paper Whiteはオススメだと思います。

 

今回は以上です。

ご覧いただき有難うございました!

【Follow 】この記事が気に入ったらフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA