キャンプYouTuberヒロシ|一人で生きていく素晴らしさ




キャンプYouTuberヒロシ

こんにちは、ミニマリストひろです。

 

芸人兼ソロキャンプYouTuberヒロシさんの書籍「一人で生きていく」が、大変共感できたのでレビューします。

 

テーマは「群れない、媚びない、期待しない、絶望せずに生きる」方法です。

つながらずに生きる素晴らしさ」が書かれています。

 

 

人間化関係は流動的

昨日は友でも今日は他人

個人では仲良く話す間柄でも、集団になると途端に態度を変える人がいる。

友人関係は、絶対的なものではない。

 

結婚のメリットを感じない

「結婚して幸せな家庭を築く」ということを安易に想像しすぎ。

浮気・離婚の方がむしろ人間関係の形を表している。(女優から告られたら即結婚)

 

二度と会わない人にも丁寧に

「旅の恥はかき捨て」は良くない。

一人で旅するように生きるからこそ出会う人には丁寧に接していくべき。

 

誰とでもフェアに接する

丁寧に接するとは、機嫌をとったりお世辞を言ったりすることではない。

ぞんざいな態度を取らずに、誰とでもフェアに接することです。(一期一会)

旅は、コミュニケーションを見直す有効な方法です。

 

中途半端に群れない

人のふんどしで相撲を取る人にはなりたくない。

大きな集団に入って寄生するような生き方は品がないと思う。

中途半端につるまなければ、嫌われることもない。

 

共通の話題がある事が大事

大切なのは気が合うことより、共通の話題がある事が大事。

人見知り同士が仲良くなるとは限らない。

共通の趣味と話題を通じた、ゆるい人間関係を築く事が大切です。

 

他人に期待しない

人は必ず嘘をつく。それに対して怒るのは相手に期待しているから。

つまり、これは相手の問題ではなく自分の問題。

他人に期待する生き方は、他人に絶望する生き方です。

 

 

一人で生きられる場所に逃げる

置かれた場所で咲くのはしんどい

会社員も、少ない席を奪い合うという意味では激戦区。

独り身のいいところは何といっても身軽な事。戦わないで済むイージーな環境に逃げるべき。

サードプレイス、逃げ込んだところで咲くこともできる。

 

環境を変えるとモテる

モテる方法は、今の状態のままモテる環境に移ってみること。

例えば都市→地方、女性しかいない島、限界集落、ボランティア、

実は、あなたを必要としてる人はたくさんいる。

 

イケてないイメージを払拭する

独り身でフラストレーションの溜まっている人の多くは、イケてない職業についてるケースが多い。

いけてるイメージの副業を始めて、自信を持つ事が大切。

 

惨めな場所であれば逃げる

なぜ、自分がきついと思う場所から逃げ出さないのか?

やめ癖、逃げ癖」は僕を救ってくれた。

 

比べる対象がいない環境を作る

同級生や周りの人、立派な芸能人と自分を比べてしまうのが良くない。

他人の活躍を見ると嫉妬するから、比べない環境作りが大切。

 

100粒の種まき

今の時代は、「人生が詰んでしまった」と嘆く必要もないくらいいろんな逃げ道がある。

自分の境遇を嘆く暇があるなら、たくさんのタネを蒔き、新しい環境作りを模索し続ければいい。

 

マウンティングの泥仕合いから抜け出す

相手から見下されるとわかっている名刺なら、出さない方がいい。

 

個人対個人で付き合う

会社名や肩書きで付き合えば、結局相手との上下関係で接することになる。

一人で生きていくには、あらゆる人間関係をフラットに築いた方がいい。

 

無駄な敵を作らない方法

密なコミュニケーションを求めない事。

みんなと適当な距離を取ってきたことで、面倒な争いごとに巻き込まれなかった。

 

デリカシーのない社会の同調圧力に屈する必要なし

同調圧力は、人間の行動にいろいろな影響を及ぼす。

若い頃にあれだけ送りたくなかった「人並みの人生」を送れないことに不安を感じてしまう。

同調圧力を無視できる環境に身を置きたい。

 

一人が一番楽

ストレスの根源は、だいたいが人間関係である。

その結果たどり着いたのが、ひとりぼっちは最高ということである。

 

飲み会は地獄

酒の席でもご飯を一緒に食べる時でも、何を喋っていいか分からずおどおどしてしまう。

集いの場には行かないと決めれば、煩わしいことからも解放される。

 

浪費するのは見栄でしかない

お金があるとなぜか高い家賃、ブランド品、高級車を買ってしまう。

どれも典型的な「浪費家」のお金の使い方で、結局のところ全部見栄でしかない。

自分の見栄で使うお金には際限がない。

 

 

人生がときめくひとりぼっちの暇つぶし

お金のかからない趣味を始める

大人はすぐにコレクターになってしまう。

学生時代を掘り起こすと、コスパのいい趣味が見つけられる。

創作活動やスポーツは、やり続けるとレベルアップしていくから面白い。

 

一人で始められる趣味をさがす

誰かと一緒になって始める趣味は、なかなか続かない。

なぜなら、自分ではない誰かの意思に左右されてしまうから。

 

行動に移すとすぐに朝が来る

一人で暇になった時、大抵は余計なことを考えてしまうもの。

考えるのではなく、行動に移せば何かと不安やストレスを解消するのに効果的なのだ。

 

暇な時間を健全に潰す方法を考える

ハマれるものに出会えたから、一人でもヤバくならなかった。

僕ら独り身は、結婚や子育てといったものの代わりとなる「暇つぶし」を手に入れなければならない。

見つけられれば仕事、家族、友人がいなくてもなんとかなる。

 

ソロキャンプのおすすめ

ソロキャンプの魅力は、目の前のことに没頭できるという点。

あっという間に時間が過ぎるし、他人と比べることもなくキャンプを楽しめる。

 

 

まとめ

以上、いかがだったでしょうか?

つらい仕事をしたり、恋人がいなかったりすることに悩んでいたら、無人島を買って住むのもアリ

以前にヒロシさんが言ってた言葉ですが、ついに本人が2019年の9月に山林を購入したそうです。

どんな状況でも、好きにやっていく生き方を模索するのを忘れなければ、一人でもそれなりに楽しくやっていけるんだと思いました。

 

「一人で生きても当然幸せになれる」

是非みなさんも、ヒロシさんの書籍から何かしらヒントを見つけて頂ければと思います!

 

 

 

【Follow 】この記事が気に入ったらフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA