痩せるだけじゃない!|ライザップに入会すれば今後の人生が変わる




ライザップに通う人って「太っている」イメージありますよね?

  • ぽっこりした腹
  • たるんだ二の腕
  • くびれのないウェスト
「太った体型の人が、ライザップの門をたたいているに違いないんじゃないかな…?」
実は、そのイメージって間違っているんだよ!
「えっ…そうなの?」

 

ライザップは人生を変える場所!

ライザップ入会者は意識が高い!

もちろん、「太りすぎてしまった!」って人が当然【RIZAP】に入会してますが…

ただ、それ以上に多いのが、「体型はそれなりにスマートな人!」

現役のモデルがいたり、太ってるといっても少しぽっちゃりしている程度の人です。

 

おそらく、彼らに共通しているのは、太っちゃいけないという意識の高さ!

毎日の生活の中で、食事も運動も自分で律することができる。

なので、結果としてそれほど太っていない。

彼らがライザップに求めているのは、さらに上の理想の体型を作ることなんです!

 

太った人は自身を否定できない

一方で、ダイエットをしない人は、自分の状況を肯定しようとする傾向がある人。

こういった人は、「これでいいや!」と思っているから、ダイエットをせずに太ったまま…

この言葉は、ダイエットに限ったことではなく、日常生活の全てで成長止めてしまう「デンジャラスワード」
「確かに、人生をもっとよくしていきたいな…」
「体型に限らず、人生をよくしたいと思ってる人がほとんどのはず!」
人生を変えるために、背中を後押ししてくれる場所、それが「ライザップ」なんです。

 

現状を否定することから始めよう!

「認知的不協和」ということばを知ってますか?

【認知的不協和】→矛盾する2つのことがらに直面した時の心理状態

つまり、人は矛盾が生じるとそれを解消しようとして、都合よくつじつまを合わせてしまいます…

 

例えば、本当は会社を辞めたいと思っている人、、、

辞めたいと思ってても、「給料はいいし、通勤が便利だし」などと、自分に都合良く捉えてしまうのが普通ですよね?

すると、「会社は嫌だけど、当分このままでいいか…」と、現状を肯定し始めるわけです。

 

その「認知的不協和」、実は太っている人もまたしかり。

例えば、「くまさんみたい!どっしりしていていいね!」などという言葉を、せっせと心の中にコレクションをはじめます。

「太っているから、良い人に見られている!」という都合のいい結論に、自らを持っていくわけです。

こうした現状をまず否定しなければ、人間は変われないよ!

 

どうやって現状を否定すればいいの?

自分を否定するのは、ほぼほぼ無理です。

なぜなら、自分がこれまで肯定してきたことを否定するのは、結構骨が折れるから。

自身を否定するには、下記の力を借りる必要があるんです!

  1. 過去を否定してくれる人!
  2. 未来に対する欲望!
【結論】→自分以外の力を借りよう!

以下解説します。

 

① 過去を否定してくれる人!

【RIZAP】に入会する人は、2種類に分かれます。

  1. 自分の意思で入会する人。
  2. 人に勧められてとりあえず入会する人。

少なくとも3割以上が、「②人に勧められてくる人」だといわれてます。

よくあるのが、家族から「ライザップに行ったら?」とダイレクトに進言されてしまったといったケース。

傾向としては、家族、もしくは家族に近い人に言われたことにより入会する人が多いんだそうです。

家族は正直なんだね!

 

これが友達なら、あなたが太っていたところで見て見ぬふりです。

それどころか、一緒になって間食をしてくれるかもですね!

恋人にいたっては、無言で去っていく可能性大です(笑)
見におぼえのある人もいるはず!

 

耳が痛い事でも、遠慮なくズバズバいうのはやはり家族。

「家族の進言」→「変わりたいという自身を目覚めさせてくれる大事なキーワード」

家族の進言を「このままじゃだめだ!」と気づくパワーに変えていきましょう!

誰かに言われたことが、最後のプッシュ、ひと押しになります。

最近よく言われていた事を、思い出してみるべき!

 

② 未来に対する欲望を持つ!

過去を否定できたとしても、未来に希望がなければ逆に絶望ですよね?

そこで大事なのが、未来へ対する健全な欲望!

 

例えば、下記のとおり。

  • 痩せて腹筋が割れたら、海に行く!
  • おしゃれなファッションをして街を歩く!
  • 彼氏、彼女を作る!

「自身が成長した先にある未来は、ワクワクしたものになる!」といった欲望が必須です。

そのためには、変わった自分を明確にイメージしてみるべき!

「今よりよくなる未来を想像したら、絶対そうなりたいって思うよね!」

 

「自分では恥ずかしくて、そこまで想像しきれない…」

という方は、他の人の力も借りたほうがいいかもですね。

 

【RIZAP】では、トレーナーやカウンセラーが、想像しきれていないところまでの未来を、言葉にして伝えてくれます。

誰にも言えないでいたけれど、心にずっと抱えてきた思いまで…

 

出来なくなった事をあきらめない!

「太った?」と言われるまでもなく、だいたいの人は自身が太ったことに気づいてるはずですよね?

それでも人って、なかなかダイエットを始めようとはしないんですよね…

 

理由は2つあって下記のとおり。

  1. 「多分まだ大丈夫!」と思ってしまう。
  2. 「自分で体重を落とせる!」と思ってしまう。

このゆるい下り坂を降りていく感じ、見に覚えのある方も少なくないはずです。

 

「ただ、1人だとダイエットが続かず、体重が落ちないんだよな…」
これが初期の段階なら、体重を元に戻すのは楽だったはずだよね!

だから、履けなくなった1本目のパンツの存在を重要視すべきなんです!

【結論】→ダイエットの道のりが、少しでも短いに越した事はない。

 

出来てた事が出来なくなってしまった事って、たくさんありますよね?

例えば、走って階段を駆け上がることが出来なくなったとか!

歳を重ねてきたからしょうがない、、、と片付けるには勿体ない。

履けなくなったパンツを、諦める必要はないんだよ!
出来なくなった事は、自身が一度はできてた事!(必ずもう一度できます。)

 

一歩踏み出せたら人生の勝ち組!(まとめ)

【RIZAP】では、入会を検討している人に、まず「無料のカウンセリング」を行っています。

電話、またはWEBのフォームから予約をして、一度店舗まで来店するシステムのようです。

無料カウンセリング受付中/ライザップ

 

【カウンセリング内容】

  • 過去のスポーツ経験
  • 普段の生活習慣
  • 食事の内容
  • 今気になっている事
  • これからどうしていきたいのか!

実は、カウンセリングの時点で、既に1つの成功体験ができているのが分かりますかね?

「カウンセリングに来る!」という大きな一歩踏み出しており「確実に成功に向かって進んでいる」事実があります。

 

自分でどうにかしなければいけないと思い、最初の行動を起こすことができた!

これは、自身が思ってるよりずっと素晴らしいことですよね?

なぜなら、自身が変わることを諦めていたら、カウンセリングには来ないはずだから!

[ライザップ]無料相談予約、受付中/今までのカラダを脱ぎ捨てろ!

 

補足・例えば、資格を取りたいと考えているあなたへ

「考えているだけ…」と、「とりあえず参考書買ってみた!」といった状態とでは大きな違いがあります。

  1. 「参考書を買ってきた自分を褒める!」
  2. 「袋から出したら褒める!」
  3. 「目次を開いてみたら褒める!」
  4. 「1ページを読んでみたら褒める!」

少しずつでも前に進んでいく自身を、もっと評価してあげるべきなのかもしれません。

ずっと悩んでいた…変わりたい…と思えた今が、自分に訪れたチャンスだから!

「人生を変えたい!」とこの記事を読んでくださったあなたの1歩は、本当に素晴らしいと思います。

今だったら変われるんじゃないでしょうか?

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。

 

今回は以上です。

ご覧いただきありがとうございました!

【Follow 】この記事が気に入ったらフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA