SEOキーワードの選定方法|SEOに強いサイトを作ろう!




  • 「SEOキーワードって何…?」
  • 「キーワードってどうやって選べばいいの?」
  • 「具体的な選定方法を教えて欲しいな…」

こういった疑問にお答えいたします。

 

おそらく、ブログを運営している方は「狙ったキーワードで上位表示を獲得したいな…」とお考えでしょう。

ただし、サイトを上位に表示させたいのであれば、最初にしっかりとキーワード選定を行うことが大切です。

 

この記事では、「SEOキーワードでサイトを上位表示させたい!」と思っている方に向けて、その具体的方法を解説しましたので、ぜひご覧ください。

SEOキーワードの基本さえ抑えれば、難しくはないんだよ!

それでは見て行きましょう!

 

1.SEOキーワードとは?

例えば、「 Google 」「Yahoo」で何かを検索する時、まず検索窓に文字を入力しますよね?

その入力される文字のことを「SEOキーワード」といいます。

この、「SEOキーワード」はサイトのアクセスを集める上で、非常に大切な要素なんです。

なぜなら、SEOキーワードは読者のニーズそのものだからです。

 

具体例で解説

  • 筋トレ メニュー」と検索する人
  • 筋トレのメニューを知りたい!」と思っている

上記のように、検索する人は何らかの目的(ニーズ)を持っているはずです。

そうやって検索した時に、もし知りたかった記事を見つけた場合、読者は満足しますよね。

しかし、その記事が役に立たない内容だったら、いくら渾身の記事を書いてもSEOで大きな成果を出すことができません。

 

2 SEOキーワードの選定方法

ここからは、キーワードの選定方法を具体的にご紹介します。

手間はかかりますが、やること自体は非常にシンプルなので、安心して実践しましょう。

以下の4つの流れで進めていきます。

  1. 関連するキーワードを調査する!
  2. 調査したキーワードを分類する!
  3. キーワードごとに対策を考える!
  4. キーワードごとに良質な記事を書いていく!

 

2−1 関連するキーワードを調査する!

以前は「Googleキーワードプランナー」を使って、自身のサイトに関連するSEOキーワードを調査することが多かったのですか…

ただ、現在はキーワードプランナーがアップデートされており、使いにくいのが現状です。

さらに、リスティングなどの広告出稿をしていない場合、詳細なボリューム数が検索されません。

今回は無料で使用できるUber suggestで調査

 

【Uber suggest】で調査しよう!

例えば、筋トレの初心者をターゲットにしたとしましょう。

検索窓に「筋トレ 初心者」と入力します。

 

検索結果が表示

筋トレ 初心者」で検索する人⇨「筋トレを始めよう(もしくは始めたばかり)と思っている人」です。

筋トレ 初心者」からさらに「キーワード」が派生して表示されましたね。

 

2−2 調査したキーワードを分類する!

次に、派生した「キーワード」をある程度分類してまとめます。

今回は、それほどキーワードが多くなかったので、ボリュームの多いキーワードから記事を書いていっても問題ないと思います。(②から順に記事を書いていく)

キーワードが多い時は、キーワードをカテゴリ別にしっかり分けるようにしましょう!

ここがSEOで最重要のポイントだよ!

 

2−3キーワードごとに対策を考える!

例えば、[筋トレ 初心者 メニュー]で考えます。

  • 想定読者」⇨初心者が取り組むべき筋トレメニューが知りたい。
  • 記事内容」⇨筋トレ初心者でも、簡単にできるおすすめのメニューを書く。

このように、想定読者を想定したのちに、記事内容を書いていきます。

 

すると、下記のようなタイトル案が出来上がりました。

「タイトル案」⇨筋トレ初心者向け|メニュー10選の紹介!

このように記事を書きながら、検索で上位を目指していきます。

 

実際の検索結果

上位に表示されているものが、読者が必要としている質の高い情報になります。

SEOで検索上位を獲得する記事の書き方は「検索上位を獲得するSEOコンテンツの作り方|ライティング技術必須」をご覧ください。

 

2−4 キーワードごとに良質な記事を書いていく!

あとは、キーワード毎に記事を書いていくだけです。

SEOで成功したいのであれば、良質な記事を書くという一言に尽きると思います。

キーワードをしっかりと理解して、そのキーワードでどのような記事内容が求められているのかを考えましょう!

Googleの理念

ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズにぴったり一致するものを返すこと。

つまり、Googleはキーワードで検索する人が求めている情報の中で、最も良質な記事が上位表示されるようにしようとしています。

 

しかし、現状として検索ユーザーのニーズを満たすコンテンツって少ないんです。

確かに、求めている情報がなくて検索をあきらめた経験も…
Google も検索ユーザーも、良質なコンテンツが少なすぎて困っているんだよ!

キーワードの後ろには、実際の人間がいることを想定しましょう。

良質なコンテンツは、ユーザーから感謝されると同時に、Googleにも感謝される。

 

3 まとめメモ

以上キーワードの選定方法でした。

作業自体はカンタンだったと思います。

ただ、良質な記事を作らなければ、キーワードで上位表示されることはありませんので、あくまでも価値のあるサイト作りを目指すようにして下さい。

今回は以上です。

ご覧いただきありがとうございました!

【Follow 】この記事が気に入ったらフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA