ライザップ式ダイエット成功の秘訣とは!|小さな成功体験で挫折を回避しよう




  • 「ダイエットを成功させる秘訣ってあるの…?」
  • 「ストイックにダイエットしてるけど、効果が出てるのかが分からない…?」

こういった疑問、悩みにお答えします。

 

この記事では、「ライザップ式ダイエット成功の秘訣」について解説いたします。

結論として、小さな成功体験を積み重ねれば、それは大きな自信につながります!

それでは見ていきましょう!

無料カウンセリング受付中/ライザップ

 

ダイエットは数字で変化を追いかける!

【RIZAP】では、入会者がダイエットの変化に気づき始めるのは、およそ2週間後だそうです。

ただ、実際にはもっと早くから体が変化し始めている事実があります。

それを知ることができるのが「数値」

【数値のメリット】→「変化を確実に確認できる!」

 

【目標を数字で管理するメリット】

  • 上手くいっている時は、すぐに分かる!
  • 「足踏みしているのかな…?」といった時の発見が早い!

自身の主観ではなく、客観で判断できるのが「数値」のいいところなんです。

 

どうしても指標が見つからない人は?

記録を取るだけでもOKだよ!

例えば、家計簿をつけるという行為…

お金の出入りに関して、改善する意識を高めてくれますよね?

例えば、毎日腹筋を100回やろうと決意した人…

カレンダーに◎をつけていくだけで、◎がつかない日があるとすごく気になりますよね?

数値の変化は、努力の証明なんです!

 

結果はたまたまではない!

数値に現れた変化は、見逃さないようにすべき!

なぜなら、どれだけ自分を律して努力したかが、評価されるべきだから。

 

だから、しっかりと成果を実感できるよう、振り返りながら自身を褒めてあげるべきです!

  • 「よくがんばった!」
  • 「目標をクリアした!」
  • 「数字で結果が出てるし、体型も変わってる!」

これは、目標達成に向けての励みと同時に、努力と結果の結びつきを知る意味もあります。

結果が数値で見えると、「まぐれで痩せたんじゃない!努力をして今の結果があるんだ!」と実感できますよね?

 

例えば、週に2回のトレーニング&低糖質の食事を徹底したとして…

  • 「◯グラム体重が減った!」
  • 「たまたま減ったのではない!」
  • 「努力をしたから減った!」

上記のように気づけることが大事なんです!

まずは、毎日の努力を自分自身が認め、言葉にすることからスタートしてみるのがオススメです。

「頑張った分だけ結果に現れる」→「人は努力を続けることができる」

 

計画通りでOK、結果に速さを求めない!

【RIZAP】の入会者は、2ヶ月という短期間で体型を大きく変えることができています。

確かに、あのCMはインパクト大で魅力を感じますよね!

ただし、体重の減り方は人それぞれです。

なので、自身で計画を立てる場合は、生活習慣なども踏まえて計画を立てるべき!

 

【例えば、糖尿病のリスクがある場合】

医師の検査を並行して行いながら、食事のコントロールだけして、数値が改善されれたら、筋トレをするなどのパターンも一例です。

その上でどのくらいの期間で、何キロを目指すのかを決めるのもアリだね!

 

トレーニングはハードだし、慣れないうちは大変に感じることもあるかもです。

また、しんどい思いをしてるからこそ、「体重が減っているはず!」と大きな期待をしたくなるのも分からなくもないですが…

ただし、これは危険な考え方!

 

いきなり2、3キロ落ちると思っているから、ズレが生じてやる気が無くなってしまうんですよね。

誰でもすぐに結果が出ると、モチベーションが上がってダイエットを続けやすくなりますが…

【結論】→計画通りであれば良いが鉄則。

 

たとえ緩やかな落ち方であっても、当初の想定通りであればそれは順調なんです。

あせらず着々と、今自分がやっていることを信じて進むのがライザップ流です!

 

上手くいかないことには理由がある!

ダイエットをしていると、必ずといっていいほどあるのが「停滞期」。

【停滞期】→体重や体脂肪率が減りづらくなる時期

努力をしているのに結果が出ないと、モチベーションも下がる一方ですよね?

この停滞期を一刻も早く脱するためには、原因を見つけることが何よりも最優先です!

 

チェックポイントがいくつかあるのですが、大まかなものは下記のとおり。

  • 「食事の内容は守れてるか?」
  • 「水分の摂取量は十分か?」
  • お腹の調子はどうか?
  • 「ストレスを抱えすぎていないか?」
  • 「トレーニングの頻度、内容は合っているか?」

例えば、お腹の調子に注目するのは、栄養素を吸収するのはお腹の役割だから!

低糖質の食事をすると便秘になる可能性があり、それだと体重が減りづらいですよね?

 

また、肉や魚を食べるのは良いことですが…高齢だと胃もたれしてあまり食べられないことも。

そういった場合は、「プロテインとサプリメントで補給しましょう!」といったことも考えられます。

こういったチェックポイントは、あらかじめ用意しておくことがベスト!
すぐに活用できるうように、リスト化しておくのがお勧め。

 

自問自答の時間を持つ!

停滞期に、その理由を見つけることができるのは、自分だけです。

【RIZAP】であれば、トレーナーに想定できている原因を探してもらい、コーチングしてもらえますが…

自身でダイエットに取り組んでいる場合は、自問自答するしかありません。

 

例えば下記のとおり。

  • 「そういえば忙しくて十分な睡眠が取れていなかったな…」
  • 「夜、会食が入ることが多かった…」

上記のように、自分なりに考え分析してみると、原因が分かってきます。

どうしても原因不明な場合は、「上手くいかないのには理由がある!」で解説したチェックポイントに沿って分析すればOK。

 

そうすると、「これが怪しいな…」というのが出てきたりします。

自分で振り返って原因を考えるというプロセスは、ダイエット後の人生を通じても必要なことです。

「ライザップ期間中だけ!」「2ヶ月間だけ!」といった話ではないんですよね。

ダイエットを成功させるのも大事ですが、「出来ていなかったらこういう結果になった。」ということの認識も必要です。

目標達成のためには、自分を甘やかさない厳しさも多少は必要。

 

大事なのはこれまでよりこれから!(まとめ)

まず、人は弱いものだということを認めましょう。

頭ではわかっていても、つい食べてはいけないもの食べてしまったり、お酒を飲んでしまったり…

ライザップの入会者も、食事のコントロールをパーフェクトにやり切るのは至難の業だそうです。

当然やりきれなかった分は、結果となって跳ね返ってくるわけですが…

【結論】→やってしまった事は原則問題にしない!

 

なぜなら、過去を振り返っても、基本何も変わらないから。

原因を追求した後にやることは、これからどうするのかということ!

上手くいかなかった事をうやむやにするより、しっかりと原因を追求した上で今後の対策を練るべきです。

ダイエットが続かない方へ/人生を変えるマンツーマントレーニング

 

これって、日常生活でも一緒ですよね?

部下や子供の失敗って、叱ってもしょうがないはず!

同じ失敗をしないためにはどうしたら良いのか、互いに知恵を絞る方がいいと思いませんか?

それは、自分の失敗も同じです。

反省しただけでは、未来を変えることができません!

もう二度と同じ失敗をしないしないために、これからの行動をより良いものにしていくために、今この瞬間から自分を変えてみませんか!

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。

 

今回は以上です。

ご覧いただきありがとうございました!

【Follow 】この記事が気に入ったらフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA