ミニマリストの食事|定番の食材6選を紹介する




ミニマリストが選ぶ「定番の食材6選」

 

こんにちは、ミニマリストひろです。

今回は、多くのミニマリストの「スタメン食」を徹底調査しました。
シンプルな暮らしを目指すミニマリストは食事メニューもシンプルです。
興味のある方はぜひご覧ください!
【関連記事】

ミニマリストは1日1食で生活|1日1食のメリット

 

 

①玄米

玄米はふすま部分、栄養たっぷりの胚芽もすべて含んだ完全栄養食」です。

食物繊維、ビタミン、ミネラルのどれをとっても白米は玄米に歯が立ちません。

また、玄米はダイエット効果は絶大です。

 

 

②サツマイモ

食物繊維が豊富なので、便秘解消の役に立つともいわれています。

特に、ビタミンC、カリウム、食物繊維の含有量は芋類の中でもトップクラス

甘いものを食べたいときはこれで十分です。

 

 

③アボガド

「世界一栄養価のある果物」とも呼ばれるアボカドは、とても健康に良い食材です。

老化の防止、体内のデトックス、血液をサラサラにするなど様々な効果があります。

脂肪の燃焼効果があり、ダイエットにもおすすめの食べ物です。

 

そのまま食べてもおいしいですが、丼にしたり、サラダにしたり、ディップにしたりといろいろなアレンジをすることができるので、飽きることなく楽しめます。

 

 

④魚(サーモン、マグロ)

ミニマリストの食事で人気なのが、タンパク質豊富な魚類です。

サーモンもアボガド同様「世界一栄養価のある食材」

私たちの体内で作ることのできない栄養成分「オメガ3脂肪酸」がたっぷり含まれており、血圧を下げてくれたり、炎症を抑えてくれる効果があります。

お刺身にしたり、煮付けたり、焼いたりといったように調理法によって異なった味わいを得ることができます。

 

 

⑤缶詰(鯖の水煮、フルーツ)

冷蔵庫を持たない事が多いミニマリストに人気なのが缶詰です。

日持ちするので、必要な時にすぐ食事に取り入れることができます。

缶詰に使われているのは旬の時期に収穫された食品。

さらに、保存料を使わずに新鮮な状態で即密封するので、むしろ美味しさと栄養成分が凝縮されています。

 

 

⑥飲み物(水、無調整豆乳、カフェインレスコーヒー)

水は「世界一健康的な飲み物」です。

無調整豆乳は大豆固形分が8%以上のもので、基本的に大豆と水だけで作られているので添加物の問題なしです。

私は「カフェインレス」を愛用しており、抗酸化作用のいいところだけを取り入れています。

カフェインを多く摂取すると、自律神経失調・貧血・睡眠障害・逆流性食道炎・副腎疲労症候群などの不調の原因となります。

 

人間本来の食事で健康になる

1日1食をいきなり始めるのは、正直しんどいと思います。

そんな人は「1日2食」にチャレンジでオッケーです。

私は当初、減らした1食をプロテインや野菜ジュースに置き換えて空腹感を紛らわせてました。

 

「人生は食物で決まる」

私はよくお腹が空いていないのに、とりあえず食べるという習慣があったので、快適に過ごすためにも断ち切ってきました。

ただ、長年の食生活を急激に変えるのは危険なので、少しずつ変えていくようにして下さいね。

私はこれからも「ミニマリストのスタメン食」で更なる健康を目指します。

 

【関連記事】

パレオダイエットの実践|3ヶ月で5キロ痩せた方法

 

【Follow 】この記事が気に入ったらフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA