メンズファッションの基本|初心者が最速でオシャレになる方法




  • 「オシャレになりたいけど、ファッションセンスがないんだよな…」
  • 「見た目に自信がないんだけどおしゃれになれるのかな…?」

こういった悩みにお答えします。

 

この記事では「初心者が最速でオシャレになる方法」について、世界一わかりやすく解説します。

この記事を読めば、誰もがオシャレになることが出来ます。

単にセンスだけではなく、ファッションの基本をしっかりと理解して一生のオシャレを身につけましょう。

それでは見ていきましょう!

 

オシャレには確実に法則ある!

あの人オシャレだね!」というのには、法則があります。

「イケメンじゃないと無理なんじゃ…」

それは必ずしも「イケメンだから」ではありません。

なぜなら、ショップスタッフが全てイケメンかと言われれば、全くそんなことはありませんよね?

 

つまり、おしゃれは「論理」で作れるものなのです!

「雰囲気イケメン」を作って印象を爆上げすることは誰でも可能だよね!

 

では、最速でオシャレになるために理解必須の「ドレスとカジュアルのバランス」について解説していきます。

 

「ドレス」と「カジュアル」を理解しよう!

まずは、下記のコーディネートをご覧ください。

黒い上下のスーツに中はカットソーで、靴はスニーカーを履いています。

これがまさに、ドレスとカジュアルのバランスなんです!

 

ファッションの要素は「ドレス」と「カジュアル」に大別される

  1. 「ドレス」→大人っぽい服装
  2. 「カジュアル」→子供っぽい服装

上記のように、メンズファッションには2つの要素に大別されます。

実は、この2つのバランスって超重要なんです!

文章では伝わりにくいので、画像を交えて説明します。

 

①「ドレスライクな大人っぽい服装」

例えば「ドレスライクな服装」とは下記のようなアイテムです。

  • 白シャツ
  • テーラードジャケット
  • スラックス
  • レザーシューズ

ただ、上記のようにドレスに寄り過ぎてしまうと、ビジネスマンみたいになってしまいます。

ネクタイなんか締めてきたら「お前仕事終わりに来たのかよ?」ってなりますよね。

 

②「カジュアルな子供っぽい服装」

対して「カジュアルな服装」とは下記のアイテムを着用した場合です。

  • パーカー
  • デニム
  • スウェット
  • チェックシャツ

こんな感じでデートに来たら、「もう少しオシャレして来いよ!」って思いますよね。

 

以上①と②を見てきましたが、どちらも正直おしゃれとは言えないですよね!

なぜなら、ドレスとカジュアルは、どちらに触れ過ぎてもおしゃれを作ることが出来ないからなんです。

 

ドレスとカジュアルのバランスとは?

  • 「ドレス過ぎても、カジュアル過ぎてもNG…」
  • 「それじゃ、おしゃれをするにはどうしたらいいの…?」

では、一番大事なことをお伝えします。

オシャレを構築する上で最も重要な要素、それは「ドレスとカジュアルのバランス」を取ることなんです。

  • 100%ドレスの服装→「ビジネス」での着こなしになってしまいNG
  • 100%カジュアルの服装→「部屋着」になってしまいNG

つまり、この両者のバランスをとった、中間に位置するのが「おしゃれ」なんです。

キッチリとし過ぎず、またそれでいてルーズ過ぎずに見せることが重要

 

バランスは「7:3」がベスト!

えっ!バランスをとるなら5:5じゃないの…?

そう思われるかもしれませんが、それには理由があります。

主に体型が関係してるのですが、日本人は外国人と比べて顔と体型が幼稚なんですよね。

  • 身長が小さい
  • 足が短く太い
  • 頭が大きい
  • 顔が童顔

だから、洋服で少し「大人っぽく補正」(ドレス寄り)しなければならないんです。

 

バランスをとるなら5:5という理論に間違いはありません。

通常アメリカ人は、ドレスとカジュアルの比率が5:5くらいとされています。

 

バランスのとり方(具体例)

初心者でも、簡単にバランスの取り方が分かるおすすめの方法があります。

初心者でもシンプルに考える方法

基本的に洋服は、3つのカテゴリーに分類されます。

  1. トップス
  2. ボトムズ
  3. 靴(小物)

ドレスとカジュアルのバランスが7対3ということは、この「3つのうちの2つをドレス」っぽくすれば、バランスが取れますよね!(おおよそで構いません)

 

具体例1

  1. 上半身はスーツ用のジャケットなので大人っぽい「ドレス」
  2. 黒のスラックスもスーツで使うような印象ですから「ドレス」
  3. スニーカーはスーツでは絶対に使わないので「カジュアル」
※こんな感じで考えると、おおよそ7対3になります。

キッチリ7対3にしなくても大丈夫です。

3つのうち2つをドレスにして、「だいたい7対3ぐらいかな〜」ぐらいの感覚でオッケーです。

 

ドレス?カジュアル?で迷ったら

スーツ思い出してみると分かりやすいと思います。

  • 「スーツで使うアイテム」→ドレス
  • 「スーツで使わないアイテム」→カジュアル

例えば黒のニットなら、寒い時スーツの中に着ますよね?

だからこれは「ドレスだな!」くらいの考えで大丈夫です。(おおよそでかまいません)

 

具体例2

  • ミリタリージャケットはカジュアルな分類なので「カジュアル」
  • スラックスはスーツで使うので「ドレス」
  • 足元は黒の革靴なので「ドレス」

 

具体例3

考えてみましょう!

 

まとめメモ

以上、「初心者が最速でオシャレになる方法」について解説しました。

 

ファッション初心者の方ほど、色々なアイテムをそろえたがる傾向があるようです。

ただ、この記事を読んだからといってスラックスを買いに行ったり、細身のシャツを買いに行ったりする必要はありません。

要するに、自身が持っているスーツに合わせられるようなアイテムを選べばいいだけ!

無駄にアイテムを買いそろえて、お金を消費するのはやめましょうね。

 

バランス「7:3」を意識するだけなので、毎朝のコーディネートもかんたんです!

毎日の着こなしが洗練され、ファッションが楽しく思えますよ。

是非、実践してみて下さい!

 

MBさんの初書籍

メンズファッションのおしゃれを「言語化」した初の書籍。

「ダサい人が最速で圧倒的にオシャレになれる」おススメ本です。

【Follow 】この記事が気に入ったらフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA