筋トレを継続するコツは意志力のマネジメント!|【感情の無駄使いは避けるべき】




  • 「つい筋トレをサボってしまう…」
  • 「ジムに行こうと思ってたけど、気がつくと家でゴロゴロとテレビを見てしまうんだよな…」

こういった悩みにお答えします。

 

この記事では、「筋トレを継続するコツは意志力のマネジメント!|【感情の無駄使いは避けるべき】」について解説いたします。

それでは見ていきましょう!

 

CRAS(クラース)はモデル/タレントのマギーが
1年かけて開発した女性のためのソイプロテインです。

 

筋トレを続ける技術!

筋トレが続かないのは「現在バイアス」が影響!

「いきなりですが、あなたはこれからお金が貰えるとします!」
  1. 26週間後に10,000円が貰える!
  2. 30週間後に11,000円が貰える!

上記の①と②では、どちらを選びますか?

この問いに60%の人は、②の「30週間後の11,000円」を選択しました。

 

では、次の問いはどうでしょうか?

  1. 今10,000円が貰える!
  2. 4週間後に11,000円が貰える!

①と②どちらを選びますか?

この問いに80%の人が、①の「今もらえる10,000円」を選択したそうです。

 

最初の質問では、お金がもらう期間が遅れようと、多くの人が高い金額を選択しています。

対して2つ目の質問では、なんと、多くの人が4週間後の高い金額よりも、今もらえる少ない金額を選択したんです!

このような人の非合理的な行動を、行動経済学では「現在バイアス」と呼んでいます。

実は、筋トレの継続にも「現在バイアス」が影響。

 

筋トレ継続には「内的な動機付け」が必要!

筋トレを続けると、将来的に多くのメリットがありますが…

しかし、多くの人はそのメリットよりも、今サボりたい欲求を選択してしまうんです。

そこで、お金による動機付けが、筋トレの継続につながるのではないかと仮定し、様々な継続効果の検証が行われました。

 

【検証結果】

  • 【金銭をもらえる場合】→トレーニングに参加する。
  • 【金銭が貰えない場合】→トレーニングをやめてしまう。

つまり、「筋トレを続けるためには外的な動機付けは不安定であり、内的な動機付けを持つことが重要」ということが分かったんです。

バルクアップHMBプロ

 

意思力をマネジメントする!

そこでお金ではなく、「人間の意志力」そのものに注目したのが社会心理学です。

社会心理学では、筋トレ継続のポイントを、次のように結論づけています。

「筋トレ継続→意志力をマネジメントする。」

 

意志力」=「筋力

筋トレで、バーベルなどを持ち上げて追い込むと、いずれ持ち上げられなくなりますよね?

同様に、意志力もストレスなどの精神的負荷や、感情を我慢することによって消耗していくんです。

つまり、意志力は無限にあるわけではなく、有限のリソース。

 

意志力が消耗してしまうことを「自我消耗」といい、この状態に陥ると、ほんの少しの誘惑にすら贖うことが出来なくなるのが人間なんです。

「重要なのは、筋トレの前に意志力をできるだけ温存しておくように「マネジメント」することなんだよ!」

「では、どのような状況が自我消耗を作り出すの…?」

頂点を目指せるHMBプロテイン【パーフェクトパンププロテイン】

 

感情を抑制すると「意志力」を消耗する

「意志力の消耗」を検証する実験①

被験者は、事前に食事を抜くように指示された状態で、2つのグループに分けられました。

 

【2つのグループによる実験】

  1. 「おいしそうなクッキー」を食べることが許可されたグループ。
  2. 「不味そうなラデッシュ」を食べることが許可されたグループ。

そして、指定されたものを一定時間食べるように、指示されました。

 

食事の後、別の部屋で「解くことがができないパズル問題」に挑戦させられます。

この時、クッキーを食べたグループは平均20分間パズルに取り組みましたが、ラデッシュを食べたグループは、平均8分間で投げ出してしまったんです。

これは、「クッキーを食べたい!」という欲求を抑えることが、被験者の意志力を奪ってしまった結果だそうです。

「自我消耗を起こしてしまったんだね!」

 

感情を抑えこむと意志力を消耗する!

「意志力の消耗」を検証する実験②

被験者は2つのグループに分けられました。

 

【2つのグループによる実験】

  1. 「ウミガメが命を落としてしまう感傷的な映像」を見るグループ。
  2. 「感情に訴えることもない普通の映像」を見るグループ。

その後、被験者たちは「ストループ課題」に取り組みます。

 

【ストラップ課題とは?】

モニターの上に次々と文字が現れ、その文字の色を答えていくものです。

時折「赤」で「緑」と書かれている文字が現れるため、継続的な集中が要求されます。

 

実験による結果

①の「感傷的な映像を見たグループ」のエラー率の方が、高くなりました。

感情を押さえ込むことによって、「自我消耗」が引き起こされることが分かったんです。

このような「意思力」と「自我消耗」についての実験は、筋トレを続けるためのヒントに!

 

例えば、仕事を終えてジムへ向かおうとした場合・・・

心は、エネルギーを無駄遣いしないように、「家でゴロゴロしててもいいんだよ!」と誘惑してきます。

この誘惑に対して、ジムへ行くには、相当の意志力が必要になります。

しかし、すでに仕事によって「自我消耗」している人って、この誘惑に勝つことが出来ないんですよね。

 

誘惑に勝つための対処法

結論として、休日のように意志力を必要としない時に、ジムに行くようにしましょう!

また、仕事の日においても、意思力を比較的必要としない日を選んで、ジムに行くのがポイントです。

「上記のような工夫で、トレーニングを継続することができるはず!」

 

まずは、目標を1つに絞る!

筋トレ以外にも、別の目標(例えばダイエット)をプラスして取り組むと、意志力がさらに必要に、、、

そのため、目標は一つに絞るのがオススメです。

つまり、筋トレだけに集中するということ!

 

また、筋トレを続けることによって身体が大きくなったり、重量をあげられるようになるといった、「自身の成長」も継続のポイントです。

報酬があると、意志力が消耗しにくい。

業界トップクラスのHMB45,000mg配合【HMBマッスルプレス】

 

まとめメモ

以上「筋トレを継続するコツは意志力のマネジメント!|【感情の無駄使いは避けるべき】」について解説いたしました。

誰しも意志力が強いわけではないですよね。

大切なのは、意志力を強化することではなく、限りある「資源」を上手にマネジメントすることなんだよ!

【パーフェクトパンププロテイン】

 

今回は以上です。

ご覧いただきありがとうございました!

HMB×Wプロテイン配合の筋肉増強プロテイン『ビルドメイク24』

【Follow 】この記事が気に入ったらフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA