冬のファッションコーディネート|誰でも簡単オシャレに




冬のファッションコーディネート

こんにちはミニマリストひろです。

今回は、「ファッション初心者でもおしゃれになれる

冬のスタイルコーディネートを作る方法です。

 

もしかしたら「今年はなんかちょっとオシャレになったね!」といわれるかもです。

ファッション初心者の方は、ぜひ参考にしてみてください!

もちろん買うのは、ユニクロなどの価格の安いもので問題なしです。

コーディネートは3つのステップです。その3ステップとは?

 

結論

  • 1ステップ目→ロングコートを買う
  • 2ステップ目→アングルパンツを買う
  • 3ステップ目→スニーカーとニットを用意する

これを組み合わせるだけでオッケー、以下解説していきます。

 

【関連記事】オシャレなコーディネートを作成するためには!

MB流・メンズファッション|おしゃれなコーディネート

 

 

なぜロングコートを合わせるのか?

今、トレンド的に「ロングコート」が流行っていうのもあるんですが、

実は、何より簡単にメンズスタイルをカッコ良く見せてくれる冬のアイテムって、

「ロングコート」なんです!

 

ロングコートがおすすめのポイント

  1. 「体型を隠してくれる」
  2. 「オシャレじゃない人はロングコートを選ばない」

 

1、「体型を隠してくれる」

ロングコートって、普通のテーラードジャケットだったり、ブルゾンよりも、

体型をすっぽり隠してくれるんです。

ロングコートってお尻を隠れるものがほとんどで、今展開されてる各ブランドであったりとか、

量販店で展開されているモノって【身幅・肩幅】が広めのものが多いんです。

  • 肩周りが気になる
  • お腹周りが気になる
  • お尻周りが気になる

そういった体型をすっぽり隠してくれるのが、ロングコートの魅力なんですね。

 

日本人は外人と比べると、体型にコンプレックスを持っている人が多いので、

すっぽりと体型を隠してくれることで、ある程度に合わせる事が可能なんです。

 

2、「オシャレじゃない人はロングコートを選ばない」

おしゃれを気にする女の子は、ロングコード選びがちですけど、

男性は、意外とショート丈のブルゾンやジャケットだったりを選ぶんですね。

  • ロングコートの着こなしがわからない
  • ちょっと怖い
  • 気取った感じがするから

こんな理由で、若干敬遠するんです。

  • オシャレのリテラシーを持ってる人→「ロングコートって着こなすのが簡単!」
  • オシャレのリテラシーのない人→「ロングコートってちょっと怖い。」

 

 

皆と違う着こなしがおしゃれの第一歩

もちろん、でたらめに違う着こなしは「あいつなんか変な格好してる」で終わっちゃいます。

結論としては、みんなが理解できる範囲の差別化(客観性のある差別化)です。

 

客観性のある差別化」がおしゃれの答えだと思うので、みんながショート丈を選ぶなら、

雰囲気の出やすい、ロング丈を選びましょう!

  • 日常で着てもおかしくない
  • 客観性が失われない
  • 特別変なアイテムではない

みんなとちょっと違う着こなしをするには、非常にいい相手いアイテムなんです!

 

 

なぜアンクルパンツを選ぶのか?

まず、「アングルパンツ」とはどういったものなのか?

簡単にいえば、足首が見えるようなちょっと短いパンツのことです。

なぜ、アンクルパンツを選ぶのかというと、ロングコートに合わせるからなんですが、

ロングコートに合わせる時は、下半身は細めが基本です

 

なぜ細目がいいのかというと、人間のカラダをきれいに見せるためには、

Yライン」を意識しなければなりません。

「Yライン」は、人間の体を隠すためのキレイに見せるためのシルエットなんです!

 

Yラインって何?

アルファベットの文字を想像してみてください。上が広くて下が細くなってますよね?

アウターがゆったりした時は、下半身は細いものを合わせましょう!」という事です。

基本的に、ロングコートのようなボリュームのあるアウターを使う場合の基本です。

 

Yラインを作るためには、細めのパンツを合わせなければいけないんですが、

実は、細めっていっても結構難しいんですよね。

例えば、細いパンツを履いても、裾にシワが溜まると全体の細さというのが損なわれます。

先端部分って、どうしても目について、目立つからなんですね。

せっかく細身で揃えたのに、ちょっと緩く感じてしまう事があります。

 

そこでおすすめなのがアンクルパンツ

足首が出ると何がいいかというと、足首って実は足の中で一番細い部分なんです。

考えてみてほしいんですが、足首とか手首ってくびれが存在しますよね?

くびれが存在するところって、体の中で一番細い部分なんです。

  • 足首は下半身の中で一番細い
  • 手首と首は上半身の中で一番細い

なので一番細い部分が露出している状態は、パッと見た時に全体が細く感じるんですね。

 

実はこの仕組み、ワイドパンツを履いててもアンクルで足首が見えていたら、

なんとなくすっきり見えるぐらい、凄いことなんです。

オシャレな男子が集まっているところに行くと、皆意外とワイドパンツを短めに履いてます。

  1. ゆったりしてリラックスしたシルエット
  2. 足首が見えてすっきりとしてる
  3. ロングコートも合わせやすい

こんな流れで、皆アングルパンツを選んでるんです。

「冬に足首出してたら寒いだろ!」って思うかもですが、靴下履いてたら基本問題なしです。

 

 

なぜスニーカーを選択するのか?

なぜスニーカーを選ぶかというと、これはドレスとカジュアルのバランスですね。

基本的にメンズファッションは、スーツライクなドレスと、砕けた印象のカジュアル、

これをミックスさせることが重要とされています。

 

思いっきりドレス寄りにすると、

ビジネスマンみたいになっちゃうんですね。

もちろんスーツはかっこいいけど、それは街で着るオシャレとはちょっと違いますよね。

例えば、デートだったら、「何でスーツで来たの?」っていわれるじゃないですか?

普段過ごすための服としては、ちょっと適さないですよね。

あんまり決めすぎてしまうと、やっぱりちょっとかしこまった印象になってしまいます。

 

思いっきりカジュアル寄りにすると、

これは、コンビニに行くスタイルになっちゃいますよね。

パーカー着たり、デニム履いたり、スニーカーだったりとかだと、

「デートでその格好かよ?」って突っ込まれてしまいます。

 

ドレスとカジュアルを7対3のバランスにする

日本人というのは、体型が結構未熟なんですよね。

  • 足が短い
  • 顔が大きい
  • 胴が長い

そのため、なかなか大人っぽく見せにくい体型になっているんです。

ヨーロッパ人とかアメリカ人と比べると体型が若干幼いので、その体型の幼さをカバーするために、

少しドレスの要素を上げるということをするんです。

 

7対3っていうと、結構難しく考えちゃうかもしれませんけれども、

3分の1をカジュアルにする」って初めのうちは覚えておくと分かりやすいです。

「上半身」「下半身」「小物」と分けた時に、1箇所だけカジュアルなものを入れればオッケー。

今回であれば、アンクルパンツをドレスとして定義して、上半身ドレス、下半身ドレス、

「小物」の部分にはカジュアルなスニーカーを当てはめれば、問題なしです。

 

 

実際に何を選ぶか?

メンズがおしゃれになるための冬コーデとしては、

  • 「ロングコートを買いましょう」
  • 「アンクルパンツを買いましょう」
  • 「スニーカーを履きましょう」

ということですね。

実際に何を選ぶかというとロングコートは、

「ユニクロUのブロックテックコート」がオススメです!

 

パンツは「ユニクロのイージーアンクルパンツ」ですね!

 

靴は「スタンスミス」でオッケーです!

これだけでオシャレになれます。

まずはロングコートにアンクルパンツ、そして適当な白スニーカーと合わせる!

この3つを覚えてみてください!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA